2017年降下訓練始め

2017年、平成29年の降下訓練始めが1月8日(日)に習志野演習場で行われました。
心配されていた雨は、午後からの予報となり、雲こそ多いものの雨の心配は無し。
日差しが無く風があるので、ひたすら寒い見学となりましたが、寒さを耐えただけの価値はありました。

写真を交えながらおさらいしていきます。

今年は「空挺団」そのものにスポットを当てる

今年の内容は「陸上自衛隊」では無く「第1空挺団」そのものを、よく見てもらおうという意図が強かったように感じます。

例えばこちら

dsc_8681

この方達は「団本部中隊・降下誘導小隊」所属の方々。
主力に先駆けて降下して、主力部隊が狙い通りの場所へ安全に降りれるよう、現地の気象観測などを行い、主力隊搭乗機に降下の誘導を行う部隊です。
中央のバルーンを空に飛ばして、上空はどんな風が吹いてるかなどを細かく把握するそうです。

こちらは、空挺隊員の方々が、地上で着地の訓練を行う様子。
いわゆる「五点接地回転法」ですね。
ちゃんとしたコマ送りの写真が撮れたのは、初めてです。

dsc_8657

一通り確認が終わると、落下傘の装着です。
ちなみに後ろに背負ってる主傘は15kg、胸に付いている予備傘は7kgくらいあるそうで…

今回は待ち時間に、こういった内容の展示を行っていただいたので、思ったよりも退屈せずに待てたと思います。

そうしているうちに試験降下が始まりました。

dsc_8666

試験降下は、その日の気象状態を調べるための、一番最初の降下です。
このデータを基に、その日の降下に関する諸々が決定されます。

そして、本番降下スタート!

dsc_8708

第一陣で華麗な自由降下を見せる、このお方。

第1空挺団・団長 兒玉陸将補

そう、空挺団のトップです

空挺団のボスたるもの、自らが先陣を切って飛ばないとリーダーシップが保てないのです。

dsc_8733

自由降下傘をたくみに操って、着地もお見事!
御歳50歳は越えているはずですが、いやはや流石は文武両道のエリート…

これに続いて、各隊の隊長(佐官の方々)もどんどん飛んできます。

幹部の降下が終わると一息挟んで、本日のメイン展示スタート。

dsc_8932

dsc_8960

C-1とC-130からの降下。
ちなみに今年は風の影響で、普段なら1パスで10人降りるところを半分の5人に減らしていました。
なんだ残念…と思ってたら、今年の降下は一味違った!

両側扉連続降下に対応した13式空挺傘を使っての降下を最後の1パスで実施してくれました!

dsc_8976

dsc_8996

dsc_8998

左右両方の扉から、連続で隊員が降下するので落下傘の密度が桁違いです!
これはなかなかに鳥肌が立った!

サプライズは更に続く。

降下訓練始めには珍しい「お客さん」です。

dsc_9059

この方達の正体は

「アメリカ陸軍特殊部隊群・1st SFG」

いわゆる「グリーンベレー」の第1特殊部隊グループ所属の隊員です。

沖縄の通信施設に駐在しているのは知っていましたが、いやはや関東でグリーンベレーを生で見れる機会が来るとは。

降下展示はこれで一旦終了。
ここからは模擬戦闘展示です。

2チームに分かれて、バトラー(レーザー交戦装置)で模擬戦を行います。
現地だと、状況が分かりにくかったので、どんな流れだったのかは解説出来ないのですが…
写真で雰囲気だけお楽しみください。

dsc_9081

dsc_9128

dsc_9191

dsc_9238

dsc_9284

dsc_9339

dsc_9375

バトラーは生放送の映像などでは見れたみたいですが、観客席からだと
「何が起きてるんだろう…?」
といった感じになってしまったのが残念でした。

模擬戦の後は、再度降下展示。

またしてもお客さんで、百里航空救難団のメディックによる降下です。

dsc_9421

救難団のメディックは第1空挺団でパラシュート降下の技術を習得します。

この後、自由降下展示&参加した航空機の紹介で今年の降下訓練始めは終了です。

戦車や装甲車などの参加が無く、また戦闘ヘリなども控えめだったので、中には地味という感想もあったようです。

しかし空挺団本来の姿は「精鋭軽歩兵」であり、重火力装備は「外部」からの支援です。
降下展示や空挺団本来の姿に拘るという展示、自分はとても良いと思います。

ただバトラーだけは、ちょいと見せ方を工夫して頂けると…