陸上自衛隊の機体番号に関する解説です。
航空自衛隊の機体は2桁+4桁の米空軍方式で記載されますが、陸上自衛隊のヘリや固定翼機は、5桁表記です。

最初の1桁+次の1桁+残りの3桁で、3つの意味を持っています。

1桁目:機体用途

AH・CH・UH・OHなど、その機体の使用目的によって、異なる数字が付与されます。

7・・・AH 対戦車・攻撃ヘリコプター
6・・・TH 練習ヘリコプター(航空学校 TH-480B)

5・・・CH 輸送ヘリコプター(現役機はチヌークのみ)
4・・・UH 多用途ヘリコプター
3・・・OH 観測ヘリコプター
2・・・LR  連絡・偵察固定翼機
0・・・EC  特別輸送ヘリコプター

今のところ、1・8・9は欠番です。

2桁目:機種別番号

機体用途を更に区別するために、2桁目の機種別番号が用いられます。

例えば、1桁目の「7」を持つヘリはAH-1SコブラとAH-64Dアパッチがありますが、
AH-1S→「3」
AH-64D→「4」
で、別々の番号が付けられます。

但し、CH-47のJ型とJA型のように、モデルチェンジの場合には同じ番号を継続して使うようです(UH-1も同様)

3桁目~5桁目:製造番号

これは空自機と同じで、製造の通し番号が付けられています。

ただ空自機と違うのは、機体には、この3桁表記は描かれないという点ですね。

DSC_6073

AH-64Dを横から見てみましょう。

DSC_60731

機体の前側には5桁の機体識別番号全てが描かれています。

今度は機体の後ろ側、テイルローター付近。

DSC_60732

3桁ではなく、陸上自衛隊を示す「JG」に機体用途の頭一桁を抜かした4桁を描いています。
(なぜ、陸自は4桁表記なのかは、いまいちよく分からないです)

また機体正面にも番号の下2桁が描いてあります。

ah64

 

機種別番号一覧

AH-1

AH-1S コブラ
機体用途:7
機種別番号:3
製造番号:400番台

apache

AH-64D アパッチロングボウ
機体用途:7
機種別番号:4
製造番号:500番台

dsc_0407

CH-47J/JA チヌーク
機体用途:5
機種別番号:2
製造番号:900番台

ちなみにチヌークの機種別番号が「2」なのは、チヌーク導入当時は先代のバートルが現役だったためです。
当時の資料を見るとバートルに51○○○の番号が確認できます。

uh1

UH-1J イロコイ
機体用途:4
機種別番号:1
製造番号800番台及び900番台

DSC_7370

UH-60JA ブラックホーク
機体用途:4
機種別番号:3
製造番号:100番台

UHで面白いところは、機種別番号の「2」が欠番で、ブラックホークは「3」になっているところですね。
UH-1は100機単位で調達するので、将来的に機種別番号分の一枠を使い果たして、もう一枠必要と考えたのかもしれません。

ninja

OH-1 ニンジャ
機体用途:3
機種別番号:2
製造番号:600番台

DSC_7205

OH-6D オスカー
機体用途:3
機種別番号:1
製造番号:100番台

DSC_6101

LR-2
機体用途:2
機種別番号:3
製造番号:0+50番台

puma

EC-225LP シュペルピューマ
機体用途:0
機種別番号:1
製造番号:0+20番台

th480

TH480B エンストロム
機体用途:6
機種別番号:2
製造番号:300番台

所属部隊表示

陸上自衛隊の航空機は、もう一つ特徴があって、所属部隊がアルファベットやローマ数字で描かれています。

DSC_7590

この真ん中の「ⅣATH」という部分ですね。

これを簡単に解説すると
・ローマ数字だけ書いてある場合
数字が、そのまま所属飛行隊(師団の番号と同じ)

・ローマ数字+ATH
第○対戦車ヘリコプター隊

・HGP+ローマ数字
木更津の第1輸送ヘリ群 第103~106飛行隊
(ローマ数字は末尾一桁に相当)

他に方面隊付航空隊の表記もあったはずなのですが・・・
流石に、全国を網羅出来ておりませんので、割愛させていただきます。

機種別のコールサイン知りたい方は、こちらの記事を
(陸自機は基本的に機種別です、ハンターとか)