自衛隊で使う「色」って何が基準?自衛隊の色の規格色々

自衛隊で使う「色」って何が基準?自衛隊の色の規格色々

OD色や迷彩色など、自衛隊で使われる様々な塗装の「色」

色を指定するには、様々な規格・指定法がありますが、自衛隊で使っている色は一体何を基準に決められているのか。

今回は自衛隊で使う「色」のお話です。



防衛省規格・Z8201E

防衛省で使われる色の基準を定めたものの一つが、防衛省規格Z8201Eと呼ばれる規格です。

例えば陸上自衛隊の車両などで使用されている「OD色」は上記のように色番号1314・2314・3314と指定されています。

ちなみに基準値(色記号)と書かれているのは「マンセル値」と呼ばれる色の指定方法です。

「色番号」と書かれた4桁の番号には読み方があり

1桁目・・・ツヤの有無

  1. ツヤ有り
  2. 半ツヤ
  3. ツヤ無し

2桁目・・・色相系

  1. 赤系
  2. 黄赤系
  3. 黄系
  4. 緑系
  5. 青系
  6. 茶色系
  7. 灰色系
  8. 白・黒
  9. 金属色

3桁目以降は、その色の固有の番号となります。

OD色の場合にはツヤ有り・半ツヤ・ツヤ無しのいずれかで、黄系の14番という読み方です。

この色番号で指定されているもので、OD色の他に代表的なものとしては「護衛艦の塗装」があります。

護衛艦の外舷塗装は、この規格における「灰色(2)2704」となっています。
(防衛省仕様書DSP・K5204F・艦船外げん用フタル酸樹脂エナメル、DSP・K5221・艦船用ウレタン樹脂系上塗り塗料など、艦艇用塗装の調達仕様書より)

なお甲板については同規格の2705・暗灰色です。

米国規格による指定

では、自衛隊の装備が全てこの防衛省規格に則っているのかというと、そう一筋縄でもいきません。

海上自衛隊で使用されている哨戒機P-1、この塗装は『グレイ(ツヤ有り)15526』と指定されています。

しかし先ほどの防衛省規格は4桁の番号、この5桁の番号は何処から・・・?

実はこの色番号、AMS STANDARD 595(旧Federal Standard595)という米国の規格に基づく色番号なのです。

海上自衛隊の航空機は、この米国規格に基づく色指定が多用されており、例えばUS-2飛行艇の青い部分の塗装は『ダークブルー(つや消し)35045』

SH-60Kヘリコプターは『グレイ (ツヤ消し)36495』や『アンティンドホワイト(ツヤ消し)37925』などと指定されています。
(SH-60JとSH-60Kで塗装色は同じものを指定)

民間規格による指定

自衛隊の調達では、これらの規格と併せて民間規格による指定も存在します。

例えばF-35飛行隊に受け継がれた、第302飛行隊のオジロワシマーク。

この仕様は百里LPS-B992306という仕様書で定められていますが、その色については

  • 白:DIC F26
  • 黒:DIC 582
  • 黄:DIC 166(下地に白)
  • 赤:DIC 235(下地に白)
  • 青:DIC 433(下地に白)

と規定されています。

これらは塗料メーカーとして有名なDIC株式会社(旧:大日本インキ)の色番号です。

その他にはゲートガード(基地内に展示されている退役機)の塗装に際して、日塗工の塗料番号で指定されている事例なども存在します。

また消防車両などにおいて「契約の相手方の仕様による赤色」、すなわちメーカー側で「赤」と定める色で納品しても良いという仕様書も。

民生品などをほぼそのまま使用しているものは、防衛省規格の塗装ではなく、民間規格が用いられる傾向が強いようです。

戦闘機の色は?

塗装というとやはり気になる方が多いのは「戦闘機」のカラーリングかと思います。

航空自衛隊の戦闘機に使われている色を知ることが出来るのか?

結論を言ってしまうと「正確なことは分からない」のが現状です。

航空自衛隊の航空機に用いられる塗装は『航空自衛隊所属航空機の標識、マーキング及び外面塗装の基準』という文書により管理されていますが、この文書の管理番号が『J.T.O 1-1-4』

J.T.Oは『技術指令書』、自衛隊内部でのマニュアルにあたる文書の為、一般には公開されていないのです。

ただし航空機用の塗料として『DSPK5311F・航空機用アクリルラッカーエナメル(つや有)』などの資料は色番号と共に公開されていることから「自衛隊で使われている航空機用の塗料」の情報を探ることは可能です。

あとは実際の色に近いものをリストの中から選んでいけば「近い色」は再現することが出来るかもしれません。