HARUKAZE

自衛隊・ミリタリーに魅せられて

航空自衛隊

百里基地のファントムは、いつ頃引退になるのか

twitterの方で、少し話があったので、この機会に。

1970年代に導入されて以降、40年以上に亘り、日本の空を守ってきた戦闘機・ファントム。F-4EJ改として近代化改修を受けて、なお第一線に配備され続けています。
しかし全140機が調達されたファントムも、2015年度末(2016.3)時点での登録機数は僅かに54機(レコンファントムを除く)

既に半分は引退しており、間もなく1/3に達しようかというところまで来ています。

今後ファントムはいつ頃まで飛び続けるのか、引退はいつ頃なのか。

分かっている範囲で解説していきます。

※平成29年8月末
30年度予算案の資料が出てきたので、それに合わせ一部内容を変更しました。

平成30年1月末
新聞報道(デーリー東北)の内容を受けて、内容を修正

2018年度に1個飛行隊に

航空自衛隊HPより

航空自衛隊が公表している資料では2020年度内に、F-35Aの新規飛行隊が配属される三沢基地から第3飛行隊のF-2が移動してくる予定となっています。

 

これに先立ち、三沢ではF-35A臨時飛行隊が2017年の年末に発足。

なお航空自衛隊の予算資料によれば「臨時」が外れた飛行隊は302飛行隊となる予定です。

今後、空自が受領するF-35Aはこの臨時飛行隊に集められ、国内組立の5~10号機と合わせて現在アメリカで飛行訓練に用いられている1~4号機も合流し、早ければ2018年度内には「新生302飛行隊」が誕生する事になります。

J-wings2018年3月号によれば、302飛行隊のシンボル尾翼のオジロワシマークは引き継がれないとのこと。
これを見れるのも、残された時間は少ないようです。

残る301飛行隊の予定

現在、調達の進むF-35Aはファントムの後継機として導入が進んでいるものです。
よって、ファントム引退の行方はF-35Aの調達次第というところになります。

現在、予算が確定しているF-35Aは全部で28機(2017年度予算)。

2017年度予算で調達する機体は、2021年度末までに自衛隊へ引き渡す予定となっています。なので2021年末の段階でF-35Aは28機体制まで増えることに。

しかし、航空自衛隊の1個飛行隊は一般に4機編成×4、これに隊長機と副隊長機を合わせた18機が基本定数となっています。
更に予備機も最低数機必要です。

なので、28機では2個飛行隊の定数を充足するには未だ不足していることになりますが、新聞報道及び航空雑誌の記事によれば1飛行隊10機体制で徐々に追加していく形になるとのこと。

よって20号機を受領する頃には、2番目のF-35A飛行隊が誕生することになります。それに合わせて2020年度の年度末には301飛行隊が解散、最後のファントムが現役を退くことになるかもしれません。

また現在の防衛大綱は偵察飛行隊を残さないこととなっているので、レコンファントム501飛行隊も、それまでには姿を消す可能性が大です。

まだまだ先の話かと思いきや、302飛行隊はあと1年少々、最後のファントムも3年くらいしかその姿を見れないようです。

 

※参考資料
平成26年度以降に係る防衛計画の大綱について
中期防衛力整備計画(平成26年度~平成30年度)について
航空自衛隊三沢基地ホームページ
防衛装備庁調達・契約情報
デーリー東北新聞社平成30年1月24日付
月刊J-Wings2016年11月号・2018年3月号



広告

2 コメント

  1. ファントム好き

    現役のファントムの機体を生かすために、
    退役した機体は部品取りとしてバラされています
    (いわゆる旧車でもよくある手法)

    分かっていても切ないものですねぇ

    • HARUKAZE

      ファントム好き様。
      コメントありがとうございます。
      基地によっては用途廃止機が片隅に置かれ、徐々に部品が無くなっていき気付けば消えていくのが見れたりしますよね。
      それが自衛隊機として最後の仕事だと分かっていても、やはり寂しいものです。

コメントを残す

Theme by Anders Norén