←1つ戻る

撮影難易度・・・★★☆☆☆

絵になる度・・・★★★☆☆

迫力・・・★★★☆☆

美しさ・・・★★☆☆☆

(個人的な基準ゆえ、あしからず)

・参加する機体

・写真を狙いやすいポジション
どこでも

必要な望遠焦点距離(大幅なトリミングが不要な範囲)
望遠500以上推奨

スリーシックスティー&ループ

5番機が会場左側から進入してきた後、まず5Gの左旋回で360度一周の旋回を行い、その後に会場正面をループ機動で駆け抜ける、ダイナミックな技です。

3601

3602

パイロットの技量もさることながら、この課目はT-4の高い運動性能があってこそ可能な、機体特性を存分に生かした課目です。

本来、航空機の高Gによる旋回は急激に運動エネルギーを失うため、旋回後にループ機動を行おうと思えば、一旦加速したり、または高度を下げるなどの機動により、エネルギー回復を行う必要があります。

しかしT-4は、その高い運動能力を活かして、高G旋回から、そのまま速やかにループ機動へ移行するという、ダイナミックな動きが出来るのです。

18・ワイドトゥーデルタループへ

ブルーインパルス演目一覧へ