←1つ戻る

撮影難易度・・・★★☆☆☆

絵になる度・・・★★★★☆

迫力・・・★★☆☆☆

美しさ・・・★★★★☆

(個人的な基準ゆえ、あしからず)

・参加する機体
①・②・③・④・⑥

・写真を狙いやすいポジション
比較的どこでも狙いやすいが

・必要な望遠焦点距離(大幅なトリミングが不要な範囲)
スモークを大きく引きで狙うなら200mmあれば十分。
隊形をアップで狙うなら500mm以上

ワイドトゥーデルタループ

会場の後方から演技基準点を目掛けてデルタ隊形で進入して来た5機が、会場正面で隊形を維持したままループ機動へと移行します。

widetd2

widetd

この時点では、まだ機体間隔が大きく開いた幅広のデルタ隊形です。

このまま高度約5000フィートを頂点としたループ機動を行っていきますが、その間に徐々に密集隊形へと変化させていきます。

widetd3

ループ頂点手前。
先ほどよりも、機体同士の間隔が狭くなっています。

widetd4

降下角度がちょうど直角になるあたりまでに、密集デルタ隊形への移行を完了させます。

ちなみに最初の幅広デルタは先頭の1番機から4番機、または6番機までの一辺がおよそ200m超あるそうですが、ループの中でおよそ1/5の40~50mまで詰めるそうです。

観客の背後から現れて、そのまま大きなループを描くため、一連の流れとして不思議な一体感を味わえる課目です。

19・フェニックスロールへ

ブルーインパルス演目一覧へ