戦闘機の「足元」のお値段

ユニットコストで100億円とも言われるF-15J戦闘機など、とにかく一般人には想像も付かないような高価な装備である自衛隊の戦闘機。

また陸では戦車も○億円単位だったり、海の護衛艦は何百億の世界だったり。

しかし「パーツ」単位で見た場合、実際どれくらいのお値段なんだろう?

そんな個人的な疑問から、防衛装備庁の調達情報などを頼りに、パーツ単位のお値段を算出してみました。

第1回のテーマは「戦闘機の足元」=タイヤです(いきなりマニアック)

DSC_3282

F-15J/DJの場合

調達品の項目が「F-15用タイヤ」で統一されているので、J型とDJ型では同じタイヤを使っているものと思われます。

まず前方のノーズギアから。
平成28年度の調達情報では532EA(個)が2827万6520円。
ここから1個の価格を割り出すと、税抜49,400円。

続けてメインギア。
こちらは、8439万9084円で597EA調達されています。
よって1個の価格は税抜130,900円。

メインギア×2+ノーズギア×1の合計額は

311,200円+消費税

と、いうことに。
うーん、調べといて何ですが高いのか安いのか。

F-2の場合

F-2もタイヤの調達にA型とB型の区別はありませんので、同じタイヤと思われます。

DSC_3922

F-15と同じ方法で算出しますと

ノーズギア・・・39,400円
メインギア・・・143,400円

3本合計で

326,200円+消費税

実はイーグルよりも小型で軽量なF-2の方が、タイヤだけ見ると微妙に値段が高いということになります。

あくまでも推定ですが、F-2とF-15では配備数に2倍近い差があるので、当然タイヤの消費量もイーグルが圧倒的に多い。
→発注数量の差が、単位数量あたりのコストになってるのではないかと。

F-4の場合

f4

ファントム・レコンファントム、どちらもF-4用タイヤとして調達されているようです。

ノーズギア・・・34,700円
メインギア・・・157,400円

ファントムは見ての通り、ノーズギアがタイヤ2本なので全4本。

384,200円+消費税

3つ並べてみると、自衛隊の戦闘機で最もタイヤ代が高いのはファントムという結果になりました。

ちなみに、自衛隊の戦闘機用タイヤは、某石橋を叩く会社が、ほぼ一括で取り扱っているようです。

おまけ T-4のタイヤ代は?

t4

T-4のタイヤを見ると、やはり機体相応といいますか、かなり小さめのタイヤが使用されているのが分かります。

T-4も戦闘機と同じ方法で算出してみるとノーズが34,800円、メインは46,100円。

3本で127,000円と戦闘機の半額以下ということが分かりました。

やはり、こう考えると桁違いのパワーを受け止める、戦闘機用のタイヤは、それなりの価格がするんですね。

痛飛行機弐