←1つ戻る

撮影難易度・・・★★★★☆

絵になる度・・・★★★☆☆

迫力・・・★★★★★

美しさ・・・★★★☆☆

(個人的な基準ゆえ、あしからず)

・参加する機体
⑤・⑥

・写真を狙いやすいポジション
中央付近

必要な望遠焦点距離(大幅なトリミングが不要な範囲)
クロスの瞬間を狙うなら500mmは欲しい

タック・クロス

デュアルソロ課目の醍醐味とも言える「クロス」、交差を堪能できる課目で、撮影は難しいですが、綺麗にクロスの瞬間が撮れるチャンスとなります。

会場正面から進入した2機は、5番機の合図でお互いが逆方向に旋回。

画像だと手前に向かって右旋回してるのが5番機、もう一方が6番機です。

左右に分かれた2機はお互いに滑走路の端へ向かいロール&約60度での上昇。

そこからスプリットSで反転した後、背面飛行で再度観客席正面で、お互いが背面飛行のまま正面から交差します。

交差の瞬間を2回楽しめるスリリングで迫力のある課目です。

なおタック・クロスにはⅠとⅡの2種類が存在します。

ほとんどの場合はタック・クロスⅠですが、飛行区分が第4まで下がると高度を低めに抑えたタッククロスⅡが披露されます。
(最初のクロスの後、上昇角度を低めに取ってから斜めのスプリットS機動になる)

意外とタック・クロスⅡの方がレアかもしれません(^ ^;)

25・ローリングコンバットピッチへ

ブルーインパルス演目一覧へ