先日H29/4/4、小松基地に所属するF-15が、ブレーキの不良を知らせる警告灯が点灯したため、緊急制動用のフックを用いて着陸したとのニュースがありました。

ニュース記事のコメントを見ると「フックなんてあったの?」という感想が幾つか見受けられましたが、実は空軍機でもフックはちゃんと装備されているのです。

net

手前の地面に転がっているのが制動用ワイヤー。
奥に張ってあるのはオーバーラン防止用のバリヤーネット

戦闘機に付いているフックの正式名称はアレスティング・フック。
“arrest”で「引き止める、拘束する」といった意味合いです。

最も有名なのは、航空母艦の着艦時に用いるものだと思います。

arrest

こちらは米海軍スーパーホーネットのアレスティング・フック。
これで着艦の際には機体を強引に引っ張って止めるわけですから、流石に太さが尋常じゃありません。

広告



 

F-15のフック

F-15J/DJのフックは、航空祭の展示飛行でギアダウン状態での飛行を行う際に、ギアと一緒に下して飛んでいることが多いので、意外と見る機会は多いと思います。

eagle

赤丸のところに付いているのが、イーグルのアレスティング・フックです。

スーパーホーネットのものに比べ、かなり細いのですが、空母という限られたスペースでフックを使わないと止まれない艦載機とは違い、空軍機のフックは あくまで非常用という位置づけになります。
これを使うような事態が起きれば、無事に着陸出来ても機体は点検送りになりますので、異常発生時に1回だけ使えれば、あとは交換すればいいという考え方なのです。
故に、無駄な重量が増えないよう、フックも必要最低限の作りになっています。

F-2のフック

f2

F-2のフックは、機体と同じ色に塗られているので分かりにくいのですが、センタードロップタンクの少し後ろ、この位置にあります。

f2dirt

F-2もギアダウン状態での展示飛行は行うのですが、自分が知る限り、フックを下している姿を一度も見かけたことがありませんし、色んな方の写真や動画を拝見しても、F-2のフックが出てる姿はほとんどありません。
何故だろう・・・?と思って調べてみたら、F-2の設計において基となった、F-16のマニュアルに答えがありました。

f16
F-16も全く同じ位置にアレスティング・フックが付いています

The hook must be raised manually to reset it to the stowed position.
→収納位置にリセットするには、手動で持ち上げること

下すのは自動だったけど、戻すのは「手動」だったようです。

これじゃあ、本当に使うとき以外、下すわけにはいきませんよね。

F-4のフック

ejkai

F-4系統の機体は、ここにフックがあります。

afk

F-4は元々、海軍の艦載機として開発されているため、アレスティング・フックは艦載機基準の非常に頑丈なものが付いています。
空軍型を採用するにあたって、足回りを空軍仕様に改良するという案もあったそうですが、機体の再設計に要する手間に対して効果が乏しいとの理由から、そのまま使用することになったとか。

 

非常時にフックを上手くワイヤーに掛けられないと意味が無いということで、自衛隊でもフックを用いた着陸訓練が定期的に行われており、稀に基地でその姿を見ることが出来るそうです。
(筆者は一度も見たことがありません・・・)
フックが地面に擦れて、激しい火花を散らす姿は、一度見てみたいものです。
ただ「本当に」使う事態は、起きないにこしたことはありませんね。