←1つ戻る

撮影難易度・・・★★☆☆☆

絵になる度・・・★★☆☆☆

迫力・・・★★★★☆

美しさ・・・★★☆☆☆

(個人的な基準ゆえ、あしからず)

・参加する機体

・写真を狙いやすいポジション
中央より、やや左側

必要な望遠焦点距離(大幅なトリミングが不要な範囲)
500mm以上が望ましい

バーティカルクライムロール

ソロ課目の中でも、最も激しい急上昇を披露する課目です。

会場左側よりランウェイに沿って高速で進入する5番機。

vcr1
この際の速度は400kt近くに達しています。

⑤「スモーク、オン」
⑤「バーティカルクライムロール…レッツゴー!」

vcr2

約6Gという急激な引き起こしを行い、垂直上昇に移行。
翼端にヴェイパーがくっきり出てるあたり、激しい機動を取っているのがお分かり頂けるかと思います。

vcr3

更に機体を少し傾けながらロールすることで、螺旋状の軌道を描きながら、空の彼方へと一気に駆け上がります。

vcr4

少し引きで見ると、螺旋軌道のスモークが、よく分かります。

最高到達点は9000フィート=2740mほど。
八ヶ岳の麓から山頂付近まで、垂直上昇で一気に駆け上がるような急上昇は、大迫力です。

⑨スローロールへ

ブルーインパルス演目一覧へ