←1つ戻る

撮影難易度・・・★★☆☆☆

絵になる度・・・★★☆☆☆

迫力・・・★★☆☆☆

美しさ・・・★★★☆☆

(個人的な基準ゆえ、あしからず)

・参加する機体

・写真を狙いやすいポジション
機体上面を狙うなら真ん中より左側

必要な望遠焦点距離(大幅なトリミングが不要な範囲)
望遠必須(500mm以上は欲しい)

スローロール

ブルーの演目でも珍しい6番機のソロによる演目です。

会場向かって左側から進入してきた機体は、滑走路に差し掛かったあたりで、→回転のロールを開始します。

⑥「シックス、スモークオン」
⑥「スローロール、レッツゴー」

slow1

会場右手に飛び去るまで、ロールの時間は長いときで約10秒。

一見シンプルに見える課目ですが、ロール中は常に機体の挙動が変化するため、まっすぐ高度を変えないでロールをゆっくり行うというのは、非常にシビアなコントロールが求められます。
ゆっくり自転車で平均台を渡ろうとすると、フラフラして非常に高いバランス感覚が要求されますが、あれの3次元機動だと考えると分かりやすいでしょうか。

ただ、ゆっくりと機体の上面を客席側に向けてくれるので、機体上面を綺麗に撮影するには絶好のチャンスです。

⑩チェンジオーバーループへ

ブルーインパルス演目一覧へ