軍用ヘリのスタンダード UH-1

恐らく「自衛隊のヘリコプター」と言ったら、間違いなくこれを思い浮かべる人が多いでしょう。

uh1

UH-1多用途ヘリコプター。
現在自衛隊で使われているのはUH-1Jで、富士重工が製造しています。

保有機数は2016年現在で130機。

用途廃止機・事故損失機は恐らく未だ無いはずなので、全機現役だと思われます。

自衛隊の保有するヘリコプターの中では、ダントツに数が多く、まさに最も身近なヘリコプターの一つです。

UH-1の歴史

UH-1の歴史は、約半世紀遡り、ベトナム戦争時代の米陸軍機として、HU-1A型が採用された事から始まります。
(UH-1に名称変更されたのは、そこから数年後の命名規則改定の時です)
正式名称としては米国先住民に由来する「イロコイ」が与えられていますが、最初のHU-1で1をアルファベットのIと読み替えた「ヒューイ」も広く知られています。
(筆者もヒューイと呼ぶ派です)

その後、UH-1D型にモデルチェンジされた際に、若干胴体を延長。

これが現在に至るまでのスタンダードなモデルとなり、更にエンジンを強化型に変更したUH-1Hが、屈指のベストセラー機として約5000機が世界で導入されました。

UH-1Hは約1800kgの貨物、又は11名の歩兵or7~8名の歩兵にドアガンを積んで、航続距離500kmを移動可能で、各国の短距離空中輸送やヘリボーン作戦には不可欠な存在となっています。

シンプルな2枚ローターと単発エンジン、タフで信頼度の高いヒューイは、まさに軍用ヘリとして確固たる地位を築いているのです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

UH-1Nツインヒューイのコクピット。
ヘリもグラスコクピット化される事が多い中で、まさにシンプルイズザベスト。

また、本来単発エンジンでしたが、より高性能化を目指す中で、双発エンジンとされたものがUH-1N ツインヒューイとして導入されています。

twin

solo

エンジンの吸排気周りの構造が単発機とは、かなり違うのが見て取れるかと思います。

更にここからローターブレイドを4枚に変更した、ベル412シリーズが生まれ、最新型のUH-1Y ヴェノムが米海兵隊で運用されています。

自衛隊のUH-1

最初に自衛隊へUH-1が導入されたのはB型の時代で、1960年代前半のことです。

その後、1970年代前半にH型への切替が行われ、更に平成へ入ってからはエンジンの換装などを行ったJ型の調達が行われています。

最近H型が全機退役したとの話を聞いたので、現在使われている陸自用のUH-1は全てJ型だと思われます。

DSC_7370

一時期、UH-60JAでUH-1を将来的に置き換えるという計画もあったのですが、これ1機でUH-1Jが3機買えるという、お財布事情もありキャンセルになったようです。

DSC_7283

救助者を固定した担架を空中から収容

DSC_7297

DMAT(災害派遣医療チーム)の支援

DSC_7311

バケットを用いた空中消火

自衛隊で最も数の多い多用途ヘリコプターとして、災害派遣任務に従事する事も多く、各地のイベントではホイストを使った要救助者の救出訓練や、消防などとも連携した訓練を数多く行っています。
ちなみに陸自のUH-1では、ホイストは普段搭載されておらず、必要な時だけ積み込む形のようです。

しかし、災害派遣の多いUH-1も、本職は陸上自衛隊の航空部隊です。

DSC_0495

DSC_9122

DSC_0642

DSC_9191

第1空挺団やレンジャー隊員の空中機動力として、演習では非常に激しい機動飛行を様子が見学できます。

また搭載武装・機器として

DSC_0613

地雷散布装置

DSC_0391

M2重機関銃(キャリバー50)

など、様々な搭載品を付けて、多種多様な任務に対応します。

まさに「多用途ヘリ」なのです。

余談ながら、UH-1、実は「飛ぶ」以外にも移動する方法があります。

DSC_2969

実は大型トレーラーに乗っけて運ぶ事も出来るのです。

航空祭や駐屯地祭で、たまにこんな姿を見ることが出来ます。

UH-1の今後

自衛隊のUH-1Jは初期導入分が、既に20年に達している事もあり後継機計画が進んでいます。

導入が決まっているのは双発4枚ブレードのベル412をベースとした「UH-X」。

これにより自衛隊の多用途ヘリも4枚ブレードが標準となります。

名称はまだ発表されていませんが、米軍などの例を見る限り「UH-1」の名前は確実に残るでしょう。

2018年に初号機が納入予定ということですが、しばらくはUH-1Jと混在する形で、新しい4枚ブレードのヒューイを見る事になりそうです。

痛飛行機弐