2019年12月1日、茨城県の百里基地にて百里基地航空祭が開催されます。

2020年に退役を控えるファントムが所属する百里基地。2020年度は航空観閲式の開催年となるため、今年2019年度の航空祭がファントムにとって最後の航空祭となります。

そんな百里基地航空祭開催直前、最後の祭を彩る2つのファントム飛行隊を改めて紹介していきます。

見敵必撮
空飛ぶカメラマン
501飛行隊

独特の迷彩塗装を施したRF-4とRF-4EJ、偵察型のファントム、通称レコンファントムを運用する偵察航空隊・第501飛行隊。
部隊マークはウッドペッカー、キツツキです。

戦闘機をベースとする機体ですが、その高い機動力と運動性能は忍者のように敵地へ忍び込むそして「写真を撮って帰ってくる」ことに用いられる、偵察任務に特化した飛行隊です。

501飛行隊の歴史を遡ると、1961年12月に松島基地(ブルーインパルスの本拠地)でF-86F戦闘機にカメラを搭載する改修を施したRF-86Fによる飛行隊として誕生した後に入間基地へと移動。
1970年代に入ると航空自衛隊では次期主力戦闘機としてF-4EJの調達を開始しましたが、この頃に偵察航空隊も同じF-4をベースとするRF-4Eの導入を決定。

F-4EJ戦闘機は百里基地に集中配備することが決まっていたため、ならばF-4ベースのRF-4Eも同じ基地にあった方が都合が良いだろうという考えから1975年、本拠地を入間から百里に移して現在に至ります。
(1977年まで入間基地にも入間分遣隊が存在)

RF-4Eの搭載するカメラはいわゆる「大判フィルム」を用いたもので、解像度が非常に高いのが特徴です。
またデジタル画像のように大きく拡大しても画像が荒くなりにくいため、解像度の高い大きな写真を作れるメリットがあります。
この特徴を活かして、大災害発生時には空から被災地を撮影して情報を提供するという災害派遣任務にも数多く従事してきました。

しかし一方で、撮影後に基地へ帰って現像をして初めて情報を得られるというのは、現代となっては不便が多かったのも事実。
機体そのものも約半世紀に亘り飛び続けてきたことから、退役が決定しました。

「偵察」というと気配を消してひっそりと、というイメージがありますが彼等が担うのは時に敵の支配圏へ突入する危険な任務。
レーダーを避ける為に地形を利用したり、敵機に捕捉される恐れのある時は全速力で逃げたりと、戦闘機に匹敵かそれ以上の操縦が求められます。

その為、航空祭では戦闘機部隊にも負けず劣らずの激しい機動飛行を披露してくれる飛行隊です。

なおRF-4E及びRF-4EJの後継機は導入されず、第501飛行隊は2020年3月を以ってその任を解かれて解隊することが決定しています。
RF-4E・RF-4EJという機体にとっても第501飛行隊という半世紀以上続いた飛行隊にとっても2019年は最後の航空祭となるのです。

2019年の航空祭ではシャークティース(鮫)と偵察航空隊らしいフィルム模様を施したスペシャルマーキング機も登場。
8時半頃からの編隊飛行、9時過ぎの写真撮影、更に航空祭の大トリとして午後に偵察飛行でのフライトが予定されています。

必ず帰る(カエル)
元祖ファントム
ケロヨン 301飛行隊

もう1つのファントム飛行隊は、航空自衛隊で最初のファントム飛行隊として創設。
そして航空自衛隊で最後のファントム部隊ともなった始まりと終りを見つめる301飛行隊。
カエルのマークから通称「ケロヨン」とも呼ばれます。

301飛行隊は1973年の10月に百里基地で生まれた飛行隊です。

最初の飛行隊として新鋭機であったF-4EJの乗員育成部隊という役割も置かれ、301飛行隊で鍛えられたファントムライダーが全国の飛行隊で活躍しました。

その後1985年に生まれ故郷の百里を離れ、九州の新田原基地へと異動。
およそ30年に亘り西の守りの務めを果たし、2016年に再度生まれ故郷への百里へ。オジロワシ302飛行隊と共に第7航空団の一員としてファントムネスト(ファントムの巣)百里基地で活躍していましたが、302飛行隊がF-35Aへと機種転換、三沢へと旅立ったことで501飛行隊と共に百里に残る最後のファントム部隊となりました。

部隊マークの黄色いスカーフを巻いたカエルは、百里基地からほど近い茨城県の筑波山のガマガエル(ニホンヒキガエル)から。
マフラーに散りばめられた星は第7航空団所属であることから7個となっています(新田原時代は第5航空団なので5個)。
基地に必ず「帰る」という縁起担ぎの意味も担っています。

現在も要撃飛行隊として領空侵犯措置(スクランブル)の任務も担っている飛行隊ですが、501飛行隊の最後を見届けてから1年後、2020年度末には302飛行隊の後を追うようにF-35Aへの機種転換と三沢への異動を行う予定です。

航空祭では301飛行隊は朝一番の天候偵察、8時半頃からの編隊飛行、午後の模擬スクランブル→AGG及び機動飛行で登場予定です。

 

最後のファントム祭、いいお天気になりますように。

※参考資料

  • F-4マニアックス(著:青木謙知・石原肇)
  • F-4ファントムⅡの科学(著:青木謙知)
  • 百里基地HP
  • 航空自衛隊HP