横須賀で、むらさめ型護衛艦7番艦「いかづち」を見学してきました。

dd107

DD-107 「いかづち」・むらさめ型7番艦

所属:第1護衛隊(横須賀)
就役:平成13年3月(艦齢16年)
基準排水量:4550トン

通称「あめ型」と呼ばれる、むらさめ型7番艦として就役した艦ですが、「雷・いかづち・いかずち」の名前は海上自衛隊だけでも二代目、旧海軍を入れると四代目となります。

初代「雷」→雷型駆逐艦・雷。明治時代
二代目「雷」→吹雪型駆逐艦・雷。昭和時代
三代目「いかづち」→いかづち型護衛艦・いかづち。戦後

そして、この四代目「いかづち」と続きます。明治から平成まで名が受け継がれてきた由緒ある艦なのです。

開場直後に到着したので、混雑は控えめ。列に並んでると

DSC_4279

乗員の方が、可愛いミニ「いかづち」を持って、順番待ちの列を和ませてくれていました。
しかし肩の階級章見ると「一等海尉」なので、艦の中ではそこそこ偉いお方ですね。
DD護衛艦の場合、艦長が二等海佐、その下に三等海佐と続くので、その次になります。

vls

VLSランチャー。前級の「あさぎり型」には無く「むらさめ型」から装備されたものです。
艦前方に付いている、此方のVLSはアスロック対潜ミサイル用。
他に艦中心付近にシースパロー対空ミサイル用も装備されています。

76mm

62口径76mm単装速射砲。こちらは前級同様の装備になります。
オートメラーラ76mm砲です。

案内の方に「好きなだけ触っていいですよ~近くで写真バンバン撮ってくださいね~」と言って頂いたので

76mm1

76mm3

76mm4

このメカメカしい感じがたまりません。

76mm5

各種スペックと、砲の下は、こんな感じですよ~という分かりやすいイラスト。
ちなみに最大射程について乗員さん曰く「ここから横浜までは撃てます」だそうです。

振り返って艦橋とCIWS。

bridge

ちなみに大学生までの人は、アンケート答えると艦内見学も出来たとか。
こういう時、己の歳が憎い・・・

naikatei

内火艇。
下にいる通行人が写りこむほどピカピカです。
公開に合わせて磨いたのか、それとも更新したばかりなのか。

gyorai

短魚雷発射管。
これは、どの艦でもお馴染みの装備ですね。

艦尾の方に移動しまして

oranda

俗に「オランダ坂」と呼ばれている、艦尾側舷の傾斜構造。
ただ、元祖「オランダ坂」の「あやなみ型」に比べれば傾斜が緩いと言う事で、「ミニ・オランダ坂」との呼び名もあります。

kousoku

着艦拘束装置RASTがヘリ甲板で展示されていました。
艦によって、展示してあったりなかったりするので、今回は見れてラッキーです。

lso

RASTを操作するLSO(発着艦管制官)の操作パネル。
うーん、一度動かしてみたい(笑

koyousya

ヘリ格納庫の中に入ると、「いかづち公用車2号」なるものが。
その正体は・・・

koyousya2

お、折り畳み自転車・・・?確かに「車」ですけどね(苦笑

更に格納庫を見てると、ふと積まれている段ボールに目が

sonobui

ソ、ソノブイって書いてあるんですけど・・・!?
(ソノブイ=哨戒機から投下するタイプのソナー)
まさか中身入っている・・・?と思いましたが、流石に聞けませんでした。
しかしソノブイって段ボールで納品されるのか・・・と

hata

護衛艦旗を撮影して下船。

ikaduti

艦の後ろ側を撮って見学終了。

艦齢を感じさせないほど綺麗な艦で、乗員の方もとても親切で明るい方達でした。

「いかづち」の皆さん、ありがとうございました。