DDH-184「かが」の就役など、新たに務めを始める艦もあれば、人知れずひっそりと、その役目を終える艦もあり。

平成29年6月6日、一隻の自衛艦がその役目を終えました。

八丈島から名を貰った、やえやま型掃海艦3番艦「はちじょう」です。

退役のソースについては此方
第1掃海隊ホームページより

6.6 「掃海艦はちじょう」が除籍されました。

hachijou

はちじょうは平成4年進水、平成6年に就役した排水量約1000トンの掃海艦です。

掃海艦・掃海艇は機雷による磁気探知を嫌うため、金属を極力減らす必要があります。
その為、やえやま型掃海艦まで、海上自衛隊では船体に「木材」を使用していました。

現役船舶としては米国のアベンジャー級掃海艦と並んで、世界最大の「木造船」であり、艦の紹介などでも度々「この艦は世界で一番大きな木の船なんです」と言われてきました。

しかし、一昔前であれば木材を使用していた小型船舶も、現在はFRP=強化プラスチックが主流となっています。
木材は「生もの」ですから、メンテナンスが欠かせませんし、寿命も決して長くはありません。またどうしても水を含みますので、船体の割りに重量が増します。
船体材料において実用性という面では、既に木材が有利な面はほぼ無いと言えるくらいになっており、民間でも木造の新造船というのは、ほぼ絶えている状況にあります。

その為、長らく海上自衛隊の掃海艦を支えてきた木造船技術も、既に国内で新規建造が可能な体制は無いに等しくなっており、後継艦の「あわじ型」ではFRP船体が採用されました。

よって「はちじょう」の引退を以って、海上自衛隊から木造の大型船舶は全て退くことになり、木造の自衛艦は「ひらしま型」以前の中型掃海艇を残すのみとなります。

hachijou2

本日の「はちじょう」引退は、海上自衛隊における「木造艦」の歴史が1つの節目を迎えた日なのです。

約23年のお勤め、お疲れ様でした。