HARUKAZE

自衛隊・ミリタリーに魅せられて

F-2

F-2 バイパーゼロ

dsc_5368

F-1支援戦闘機の後継機として開発された国産戦闘機です。

「バイパーゼロ」は非公式な愛称ですが、

繋がりの深い米軍F-16の愛称「バイパー」と

運用開始が「2000年」から「ゼロ」を合わしています。

単座のA型と訓練用複座のB型があります。

F-2のここが魅力

F-15と比較すると、およそ3/4のサイズながら

対空・対艦・対地何でもこなす万能戦闘機です。

航空祭の展示でも対地攻撃のデモを披露したり

豪快な機動飛行を展示したりと見所が満載。

(映画「シン・ゴジラ」でも爆撃に出動していましたね)

そして、独特のカラーリングは「洋上迷彩」

海の上を飛行してる時に、発見されにくい塗装です。

何処に行けば見れるの?

F-15と比べると、配備基地は若干少ないです。

青森県・三沢基地(三沢空港隣接)

第3航空団 第3飛行隊が所属しています。

ちなみに、この第3飛行隊、現在の航空自衛隊に所属する

戦闘機隊の中では最も長く活躍している隊です。

宮城県・松島基地

ブルーインパルスのホームとして有名な基地ですが

F-2の操縦者教育を行う第21飛行隊も在籍しています。

東日本大震災では、所属機の多数を失いましたが

懸命の復旧作業で元の姿に戻りつつあります。

岐阜県・岐阜基地

飛行開発実験団が在籍しています。

白やオレンジ・ブルーでカラーリングされた

実験機使用のF-2は、ここでしか見れません。

福岡県・築城基地

第8航空団 第6飛行隊と第8飛行隊が所属。

以前は第8飛行隊が三沢基地に所属していたので

F-2といえば三沢基地、だったのですが

2016年に築城基地へ異動となりました。

ギャラリー

機体の構造から「ヴェイパー」と呼ばれる

機体の周りに雲のようなものが出来る現象が

起こりやすく、非常に画になる戦闘機です。

dsc_3922

dsc_4305

dsc_4570

dsc_9857

dsc_4235

dsc_5398

dsc_4291

dsc_5443

画像は全て筆者撮影につき、無断での御使用は御断り申し上げます。


Theme by Anders Norén